×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004 Mt.Mckinrey

山岳同好会 嵐 公式HP

      カヒルトナ氷河 ランディングポイント 

タルキートナ飛行場からここに降り立ちマッキンリー登山の開始です

2004.06.05〜07.01 山岳同好会 嵐のマッキンリー遠征に参加させていただいた記録です

スライドショーを見る
装備表
日程表
コース図
アンカレッジでの滞在はキャプテンクックイン(加藤さんがオーナー)にお世話になりました
   中心部から少しはずれの海の見える静かなホテルでした
   海風がライラックの花をそよぎ風に乗せて窓から入ってくる
   乾燥した風、昼はTシャツでいいが日陰に入れば肌寒い
  
  夜中の2時ごろに飛行機のエンジン音で目が覚める。少し興奮しているのだろうか
  アラスカは白夜の時期であるが12〜3時ぐらいまでは薄暗くなる
  海のかなたが夕焼けのようにきれいだ

  アンカレッジの町にはREIとAMHという登山用品SHOPがありますが
  必要なものはやはり日本で購入したほうがいいようです
6/7タルキートナへ陸路を移動
まずレンジャーステーションでチェックイン
いろいろな説明を受ける右から加藤さん、レンジャー
荒木さん、久保さん
ここがTAT(タルキートナ・エア・タクシー)の事務所ですペンションのようなログハウスでした
スタッフの方もやさしい人ばかり
タルキートナの登山用品SHOP、ガスなども売っていますが商品は少ないです
タルキートナの高級レストラン
サーモンがばりうまでした
でもタルキートナの中では価格も一番・・
アラスカ鉄道 アンカレッジからフェアバンクスまで
いつかはオーロラを観に行きたいですね
タルキートナのゆっくりとした公園で
セスナの離陸待ち、富山テレビの撮影スタッフで着ていた小島さんとプロガイドの荒木さんを交えての宴会
植村直巳さんが最後に泊まったホテル・レストラン
さあ、行く気満々で写真を撮りましたがこの日も飛べません
6/7〜6/11までの4日間来る日も来る日もセスナの飛行待ちでしたLPの気象条件が悪いようです
このロッジにお世話になりました
    マッキンリーでお世話になった方、知り合った方のHP

Norio Matsumotoアラスカ写真集

写真家 松本 紀生さんのHP
ヒゲの山岳ガイド・荒木富美雄さんのHP
MC2